●ローズメイ・社長 原田青さまからの派遣者選抜に関するアドバイス
  ローズメイ⇒ 会社案内|健康食品、無添加ジャムの製造・通販 ローズメイ (rosemay.jp)
秋田第二創業研究会の皆さま、お元気様です!Sさんから質問ございましたので、合同リーダー自燃塾の人選について、ローズメイの場合をお知らせします。

初年度に成澤君を派遣したのは、彼が社内で一番自己成長していたので、その成長が加速してくれたら嬉しいという思いでした。彼の場合は、一気に5年~10年分は成長が加速したと思います。もう今や皆に認められている権威型ナンバー2ですね。

2年目は、女性メンバーからリーダーになって欲しい、一番仲間のために動ける人なのでリーダーになる素地があるけど、出る杭になりたくない女性社員さんに参加してもらいました。この時は事前にあんまり情報を伝えずに行ってもらいました。事前に伝えたら拒否されたと思うので(笑)

おかげで今は、東京本社のリーダーとして活躍してくれています。

3年目は、権限先行型の社員さんと将来のリーダー候補、合計3名に行ってもらいました。

自燃塾は、起爆装置だと思います。変わりたい人間が一気に変わるチャンスの宝庫というのでしょうか。

終わった時の高揚感から、終了直後はみんな変化がみられますが、そのままにしておくとテンションなのでだんだん元に戻っていってしまいます。

ですからフォローアップ講座が半年後にあります。伴走していくんですね。

そんな中からモチベーションとして成長が続く人と、それでも元に戻ってしまう人が出てきます。これはその人次第なので仕方のないことだと思います。

ですから、派遣する人選としては、まず勉強好きな人で継続につなげられそうなタイプの人が一番いいと思います。

また、すでにナンバー2や幹部を派遣するのもいいと思います。外部の方との交流が、自分自身を見つめ直すきっかけになります。

そして、何より経営者がリーダーとして育って欲しい人財を派遣するというのが王道だと思います。

あとは、自分も参加したい!と声を上げてくれたやる気十分な社員さんもいいと思います。

以上を踏まえてご検討ください。

■臥龍からの補足

複数参加のメリットは、半年後の報告で「本当のことしか言えない」「盛れない」という点ですが、「美学・ポリシー」を持っているリーダーなら単独でもOKでしょう。
閉じる